「メンタルブロック崩し」

​ワークショップ

やりたいことに、思い切り挑戦したい!

なかなか行動に移せない自分を、何とかしたい!

失敗を恐れない風土をつくりたい!

 

————————————————

現実を変えていくには、行動が必要です。

 

しかし、何故だか気遅れがしてしまう。考えている時間が長くて、思うように行動に移せない。

あなた自身、もしくはあなたが所属している組織にそんな傾向はないでしょうか?

 

そうしたブレーキのことを『メンタルブロック』『マインドブロック』と呼びます。個人の場合は多くの場合、親子関係に起因しています。組織の場合には、長年培ってきた風土が原因です。

 

 

やる気があっても動けないという状態は、アクセルを踏みながら、ブレーキも踏んでしまっている状態と言えます。

当然、スピードは出ませんし、心には大きな負荷もかかります。

 

そんなブレーキを外して、

思いっきりアクセルを踏み込めたら、

気持ちいいと思いませんか?

どんどん行動に移せる自分の姿を思い描いたら、

ワクワクしませんか?

 

 

たとえば、お金に対するメンタルブロックには、こんなものがあります。

『お父さんの収入を超えると、お母さんに嫌われると思い込んでいる』

自分ではまったく意識していなくても、『嫌われたくない』という気持ちはやる気にブレーキをかけます。

そうしたブロックはぜひとも外したいところですよね。

 

 

マインドブロックへのアプローチは、それこそ千差万別です。

 

問題を特定する方法もあれば、知らず知らずのうちに外していくメソッドもあります。

今回は、カードゲームをやりながら自然にメンタルブロックの核心がつかめ、気持ちが楽になっていく仕掛けを考えました。

あらためて、『メンタルブロック崩し(仮)』ゲームのご紹介です。

人を大切にするビジネスゲーム第2弾として『メンタルブロック』をテーマにしたゲームを開発しています。

第1弾の『人狼&人労ゲーム』が美点凝視と風土改革をテーマにしたのに対して、『個人』よりのテーマだと思われるかもしれません。

しかし、冒頭でふれたように、組織の風土としても『メンタルブロック』は存在します。

 

「なんだか、やらない方がよさそう」という空気です。

その圧力が大きいと、企業は活力を失い、あっという間に衰退します。

あなたの組織は大丈夫でしょうか?

 

 

また、個人にメンタルブロックがある場合も、その言動は組織全体に影響をおよぼします。

極端に言えば、『全員がポジティブな集団と全員がネガティブな集団では、どちらがポテンシャルを発揮するでしょうか?』ということです。

もちろん、前者ですよね。

 

 

つまり、あなたにメンタルブロックがあるかどうかは、一人あなただけの問題ではなく、チームや組織全体にも関係してくるわけです。

逆の視点で見れば、全員のメンタルブロックが外れて生き生きとしている集団は、挑戦的でどんどん伸びていきます。

メンタルブロックの問題は、正しく『経営』の問題と言えるのです。

このワークショップは、杉岡一樹が開発中の新ゲーム『メンタルブロック崩し(仮)』のテストプレイを含んでいます。貴重という意味では、ゲーム開発の現場にふれることのできる珍しい機会です。

もちろん、あなたの意見がゲームに反映される可能性もあります。

​※ 当該ゲームは3月末からクラウド・ファンディングを予定しています。

杉岡一樹

メンタルブロックの問題が難しい(と感じられる)のは、その原因が多岐にわたるからです。

また、それをはずす方法、つまりその人にとって有効な対処法も千差万別と言えます。

 

いずれにせよ、過去の問題を掘り起こす形のアプローチは適切ではありません。何かのタイミングで原因に思い至るのは善いとして、最初からベクトルを後ろ向きにするのはメンタルを落としがちだからです。

 

 

このワークショップでは、『未来からの逆算』によってメンタルブロックをはずします。3人〜5人で1組になっていただき、クリエイティブな思考を呼びさます仕掛けにチャレンジしていただきます。

メンタルブロックをはずす上で大切なポイントは、自己開示であり、その前提となる安心・安全の場です。言葉を変えれば、その場をつくるための仲間の存在とも言えます。チームは、まさにそのための『結界』です。

『開発中の新ゲーム』という表現をしましたが、『一緒にものをつくる』という体験になるという意味では、すでに『完成形』とも言えます。

 

通常のセミナーは、異なる視点を入れるために知らない人同士でペアを組んでいただくことが多いのですが、このセミナーに関しては、複数人でお申し込みいただき、そのままチームになってもらうことも歓迎です。

チームワークを高める、貴重な機会となるでしょう。

▪️開催日時

2020年3月12日(木)

▪️スケジュール

15:45    開場

16:00    開始

19:00    終了

19:30〜 懇親会

▪️会場

横浜駅近く

​※ 会場の詳細は申込者に追ってお知らせします

▪️主な受講対象

経営者(社長、経営後継者)、部門長、
拠点長、店長、プロジェクトリーダー

▪️定員

20名

▪️受講料

5,000円(税込)

​※ 人が輝く経営実践会員は2,000円(税込)

 人が輝く経営実践会については、こちらをご覧ください。

 https://kando.or.jp

▪️募集締め切り

2020年3月5日(木)

▪️チケット購入

​チケット購入はチケットPDFをダウンロードする形になっています。

ただし、購入手続きでお申し込みは完了しますので、プリントアウトなどの必要はありません。

▪️その他

終了後、希望者で懇親会も予定しています。予算は5,000円程度です。

​※ 以下のボタンを押していただくと『チケット一覧ページ』が開きます。

セミナーに関するお問い合わせは以下のフォームからお願いします。