「メンタルブロック崩し」

​ワークショップ

人を大切にするビジネスゲーム第2弾のテーマは『メンタルブロック』です。

第1弾の『人狼&人労ゲーム』が風土改革をテーマにしたのに対して、いきなり『個人』よりだと思われるかもしれません。

 

それは半分正解で、半分間違っています。

というのも、確かに一人の人間の資質を問う意味では『個人的』と言えますが、その影響はチームや組織全体に影響していくからです。

 

 

極端に言えば、『全員がポジティブな集団と全員がネガティブな集団では、どちらがポテンシャルを発揮するでしょうか?』ということです。

もちろん、前者ですよね。

 

 

つまり、あなたにメンタルブロックがあるかどうかは、一人あなただけの問題ではなく、チームや組織全体にも関係してくるわけです。

逆の視点で見れば、全員のメンタルブロックがはずれて生き生きとしている集団と全員が何かに固執しものごとを進められない集団では、あなたはどちらに所属したいでしょう?

 

メンタルブロックの問題は、正しく『経営』の問題とも言えます。

 

 

このワークショップは、杉岡一樹が開発中の新ゲーム『メンタルブロック崩し(仮)』のテストプレイを含んでいます。珍しいという意味では、ゲーム開発の現場にふれることのできる貴重な機会です。

もちろん、あなたの意見がゲームに反映される可能性もあります。

杉岡一樹

メンタルブロックの問題が難しい(と感じられる)のは、その原因が多岐にわたるからです。

また、それをはずす方法、つまりその人にとって有効な対処法も千差万別と言えます。

 

いずれにせよ、過去の問題を掘り起こす形のアプローチは適切ではありません。何かのタイミングで原因に思い至るのは善いとして、最初からベクトルを後ろ向きにするのはメンタルを落とすからです。

 

 

このワークショップでは、『未来からの逆算』によってメンタルブロックをはずします。3人1組になっていただき、主プレイヤーに対する賛同者と反対者を演じていただきます。

ただし、ゴールは勝ち負けではなく、全員での目標達成。ジャンル的に言えば、『HANABI』に代表される協力型のゲームです。

メンタルブロックをはずす上で大切なポイントは、自己開示であり、その前提となる安心・安全の場です。言葉を変えれば、その場をつくるための仲間の存在とも言えます。3人のチームは、まさにその結界です。

 

その意味では、『開発中の新ゲーム』という表現をしましたが、『一緒にものをつくる』という体験になるという意味では、すでに『完成形』とも言えます。

 

通常のセミナーは異なる視点を入れるために知らない人同士でペアを組んでいただきますが、このセミナーに関しては、3人でお申し込みいただき、そのままチームになっていただくことも歓迎です。

チームワークを高める、貴重な機会となるでしょう。

▪️開催日時

2020年3月12日(木)

▪️スケジュール

17:45    開場

16:00    開始

19:00    終了

19:30〜 懇親会

▪️会場

横浜駅近く

​※ 会場の詳細は申込者に追ってお知らせします

▪️主な受講対象

経営者(社長、経営後継者)、部門長、
拠点長、店長、プロジェクトリーダー

▪️定員

20名

▪️受講料

5,000円(税込)

▪️募集締め切り

2020年3月5日(木)

▪️チケット購入

​チケット購入はチケットPDFをダウンロードする形になっています。

ただし、購入手続きでお申し込みは完了しますので、プリントアウトなどの必要はありません。

▪️その他

終了後、希望者で懇親会も予定しています。予算は5,000円程度です。

​※ 以下のボタンを押していただくと『チケット一覧ページ』が開きます。

セミナーに関するお問い合わせは以下のフォームからお願いします。