感動の​日台交流報告会

2019年11月末、わたし(杉岡)は、初めてAPRA主催の台湾訪問旅行に参加して、度肝を抜かれました。かつて経験したことのない、盛大な歓待を受けたからです。それは、普通の海外旅行や企業視察とはまったく違い、参加できたことが『奇跡』と思えるほどの感動体験でした。一般人が受ける『歓迎』のレベルを大きく超えていたからです。

上の写真は、台湾の伝統的な神様『三体子』の着ぐるみですが、20人ほどの日本からの訪問団に対して、その着ぐるみがなんと5体! それらが大勢の社員と一緒に踊って出迎えてくれたのです。わけのわかならい展開でした。

『ここまでの国際交流があることを、多くの人に知ってほしい!』との気持ちがあふれ出ました。今回の報告会はその思いが出発点になっています。

 

APRAというのは、『アジア・パシフィック・ルネッサンス・アソシエーション』の略称であり、アジアにおけるルネッサンス(=人類価値観の転換)を目指す活動です。

ここでいう価値観の転換とは、『人を大切にする経営』を指しています。グローバル・スタンダードの名のもとに展開される、人を道具としか見ない拝金主義ではなく、関係する人すべての幸せを願う人本主義。それを学び、実践していこうという活動が、日台の架け橋になっているのです。

原点は、臥龍老師の『感動経営』でした。そのコアとも言える6S(整理、整頓、清潔、清掃、躾、作法)が日本から台湾に伝わり、彼の地で大きく花開いらいたのです。

今回の大歓迎は、その恩義への感謝の表現でした。

そもそも台湾は、大変な親日国です。

そのことは、3.11の時に230億円もの義援金が寄せられたことからも、想像できます。

しかし、けして大きな国ではありません。面積は九州ほどで、人口は約2,350万人。それにも関わらず、230億円にものぼる莫大な支援をしてくれたわけです。

 

今回、APRAの台湾研修旅行に参加した理由の半分は、そのお礼を伝えたいという気持ちでした。

 

ところが、訪れてみると、お礼を伝えるよりもさらに大きなおもてなしを受けてしまったのです。本当にびっくりしました。そして、あらためて臥龍先生や先輩諸氏、さらにはご先祖様たちが台湾の人たちにもたらした『徳』の大きさを感じました。

 

なぜ、台湾の方々はそれほど親日なのでしょう?

 

『台湾統治時代の貢献』とは聞いていましたが、あらためてそのことについても歴史を共有したいと思っています。この報告会を企画したもう一つの理由でした。

そこで、日台の歴史をわかりやすく解説されている加藤芳久さんにお声がけしたところ、快くお引き受けいただけました。

加藤さんは台湾での出版と講演をきっかけに、日台の交流活動を始められた経営コンサルタントです。各地で日台の歴史に関する講演をされている他、旅行会社とともに独自の台湾研修ツアーも企画・実施されています。

実は、臥龍先生の同門でもあり、大変に尊敬できる同志です。やさしい語り口と背筋の伸びた立ち姿に、きっと魅了されることでしょう。

わたし自身も、お話を聞くのがとても楽しみです。

加藤芳久

株式会社加藤経営 代表取締役

大学卒業後、大手旅行会社、人財育成コンサルティング会社を経て現職。上場企業、官公庁を中心に人財開発、組織変革支援のコンサルティングを80社以上に実施してきた。

徹底した現場主義のコンサルティングは「わかりやすくて具体的」と評価が高く、全国の企業から相談が絶えない。これまでの海外講演、セミナー、企業研修の受講者は、全国累計1万人以上。登壇回数は、700回を超える。

最近では、台湾での出版と講演を皮切りに、日台交流に力を注ぐ。また、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナムでの研修を成功させるなど、海外にも活躍の場を拡げ続けている。

著書『お客さまの9割をリピーターにする33のしくみ』(KADOKAWA/台湾、中国にて翻訳出版)

なお、まずはわたし自身が感じたAPRA/日台交流のすばらしさを感じていただきたいと思い、4泊5日の訪問をまとめたA4/23ページのレポートを準備しました。

ぜひ、こちらをご覧になってください。間違いなく、驚かれることでしょう。

ダウンロードボタン.png

今回は台湾からの留学生などにも声をかけ、その場自体が暖かい交流の場となるイベントにします。

APRAの日台交流を知らないのは、本当にもったいないと思います。

「違う国の、異なる言葉を話す人同士がここまで家族的になれるのか」という最高の国際交流の形がそこにあるからです。

​ぜひ、その暖かさの一端に触れに来てください。

▪️開催日時

2020年1月30日(木)

▪️スケジュール

18:15    開場

18:30    開始

20:30    終了

21:00〜 懇親会

▪️会場

八丁堀/ダブルエム

https://seminarwm.com

▪️主な受講対象

経営者(社長、経営後継者)、部門長、
拠点長、店長、プロジェクトリーダー

▪️定員

30名

▪️受講料

5,000円(税込)

▪️講師

加藤芳久・杉岡一樹

▪️募集締め切り

2020年1月29日(水)

▪️チケット購入

​チケット購入はチケットPDFをダウンロードする形になっています。

ただし、購入手続きでお申し込みは完了しますので、プリントアウトなどの必要はありません。

▪️その他

終了後、希望者で懇親会も予定しています。予算は5,000円程度です。

​※ 以下のボタンを押していただくと『チケット一覧ページ』が開きます。

セミナーに関するお問い合わせは以下のフォームからお願いします。